12年ぶりに行った公園では寒緋桜が咲いていた

小学生以来でしょうか、12年ぶりくらいに千葉県の柏市内に有る「あけぼの山農業公園」という少し大きめの公園に行って来ました。野菜の絵柄が描かれた看板の付いた青い門をくぐると、木と土で出来た階段が見えました。

その階段を降りて行くと、人工か自然の物かは分かりませんが小さな滝も有りました。滝壺もちゃんと有って、涼し気な印象を持ちました。さらに階段を降りて行くと、煉瓦造りの地面が出て来ます。そこには売店が有り、売店の中には少ないですがぬいぐるみや特製のクッキー等が売られています。またソフトクリームも、売っていたのです。

味はポピュラーなバニラとチョコレートとミックス(チョコレート&バニラ)と抹茶の他に、イチゴとヨーグルトのミックスがメニューに入っています。あと期間限定で、「桜餅ソフトクリーム」も売られていました。気になったのでそのソフトクリームを頼んでみたのですが、鮮やかなピンク色の甘いソフトクリームでした。

中にお餅の果肉も入っていて、プニプニしていて美味しかったです。桜の味かは良く分かりませんでしたが、香りは桜っぽかったと感じました。コーンも私の好きな柔らかいコーンだったので、食べやすかったです。それから売店の有るエリアとエリアを抜けて進んだ先に有る歩道に、寒緋桜が咲いていました。

沖縄で良く見る桜らしいのですが、私がイメージしている桜よりも花びらの色が濃かったです。4月頃に関東で咲く桜は白に近い思いますが、寒緋桜はローズピンクといった感じの色だったのです。色の濃い桜も、華やかで綺麗でした。

次に土の上に色とりどりのお花が植えられていて、その奥に風車が建っていたのも見ています。そのお花畑と風車の組み合わせは、オランダを彷彿とさせました。そのためお花の数はまだ少なかったようですが、春の訪れも感じられたのです。

あと人は少なかったのですが、遊具の有る広場には親子が集まっていて賑わっていました。子どもの頃に遊んだアスレチックが無くなっていたのは残念でしたけど、懐かしい気持ちになれたので行って良かったです。